コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水絵 ミズエ

デジタル大辞泉の解説

みず‐え〔みづヱ〕【水絵】

水彩画。
浮世絵版画の一。輪郭線を使用せず、紅・黄・緑などの淡色のみの色版で摺(す)ったもの。錦絵(にしきえ)が誕生する前に流行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずえ【水絵】

水彩画。
浮世絵初期の版画様式の一。輪郭に墨を用いず、紅・黄・緑などの淡色のみの色板で刷ったもの。錦絵の前に流行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水絵の言及

【水彩】より

…水絵(みずえ)とも呼ばれ,水溶性の顔料を使って描いた絵画をさす。アラビアゴムなどを混入して練り合わせた顔料を水で溶かして使うが,水溶性の顔料という点だけに注目すれば,古代エジプトのパピルスに描かれた絵,イランやインドのミニアチュール,あるいは日本画,中国画なども広義の水彩ということになる。…

※「水絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

水絵の関連キーワード皆川 マス児玉 希望赤城 泰舒児玉希望皆川マス岩絵の具赤城泰舒日本画水彩画みづゑ顔料魚拓水彩

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android