コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水茎の ミズクキノ

デジタル大辞泉の解説

みずくき‐の〔みづくき‐〕【水茎の】

[枕]
同音の繰り返しで「水城(みづき)」にかかる。
「ますらをと思へる吾れや―水城の上に涙拭(のご)はむ」〈・九六八〉
「岡(をか)」および同音の地名「岡」にかかる。
「―岡の木の葉も色付きにけり」〈・二一九三〉
[補説]「水茎」は当て字で、「水漬(みづ)く城(き)」の意ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずくきの【水茎の】

( 枕詞 )
音の類似から「水城」にかかる。 「 -水城の上に涙拭のごはむ/万葉集 968
「岡」にかかる。 「 -岡の木の葉も色付きにけり/万葉集 2193
中古以後「みずくき」を筆および筆の跡あとの意で用いるようになり、「流る」「行方も知らぬ」にかかる用法を生んだ。 「 -ゆくへもしらぬ昔なりけり/新古今 哀傷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水茎のの関連キーワード水茎の跡天霧らふ木の葉岡山城万葉集水城屋形哀傷同音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android