コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水茎 ミズクキ

デジタル大辞泉の解説

みず‐くき〔みづ‐〕【水茎】

《「みずぐき」とも》
筆。
筆跡。
手紙。便り。
「―の数積もれども」〈盛衰記・三八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みずくき【水茎】

〔「みずぐき」とも。「みずみずしい茎」の意。筆をそれにたとえたものか〕
筆跡。また、書かれた文字。
筆。 「涙の-に先に立つ心地して/源氏 夕霧
手紙の文。 「年を経てかく-やいづちゆくらむ/宇津保 祭の使

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水茎
みずぐき

や手跡、消息の文や手紙、筆の意。語源には諸説あり、みずみずしいの意からとしたり、また昔、手紙をつけるアズサの枝をみずみずしい木とみなし、転じて筆跡、筆の意となったことからとし、また植物のコウボウムギ(別名フデクサ)の古い地下茎が筆の穂の形なので、これを切って筆としたことからなどとする説がある。いずれも平安時代以後の用法であるが、とくに「水茎」を筆、「水茎の跡」で文字・筆跡を意味する例が多い。奈良時代では「水茎の」の形で「岡」「水城(みずき)」にかかる枕詞(まくらことば)として用いられ、岡にかかる場合はミズクキの生えている岡の意により、水城(水辺の防御用土塁、水濠(すいごう))の場合は同音の繰り返しによってかかるとされている。[藁科勝之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水茎の関連キーワード近江八幡(市)水茎内湖干拓地天霧らふ岡山城禿ぶ大歌屋形

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水茎の関連情報