水谷縫次(読み)みずたに ぬいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水谷縫次 みずたに-ぬいじ

1846-1884 幕末-明治時代の囲碁棋士。
弘化(こうか)3年生まれ。生家は伊予(いよ)(愛媛県)大島の医家。来遊した本因坊秀策に碁才をみいだされた。明治13年村瀬秀甫にまねかれ,方円社にはいる。17年昇級をめぐって高橋杵三郎と争碁となるが,同年11月28日肺患で死去。39歳。7段を追贈された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android