水足博泉(読み)みずたり はくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水足博泉 みずたり-はくせん

1707-1732 江戸時代中期の儒者。
宝永4年生まれ。水足屏山(へいざん)の長男。肥後熊本藩士。詩文にすぐれ,神童のほまれがたかかった。享保(きょうほう)17年賊に父が殺され自身も負傷文弱として士籍をのぞかれ,同年10月14日自殺。26歳。名は安方(あざな)は業元。通称は平之進。著作に「航海献酬録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android