水野忠寛(読み)みずの ただひろ

  • 水野忠寛 みずの-ただひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1807-1874 幕末の大名。
文化4年11月4日生まれ。幕臣水野忠紹(ただつぐ)の子。安政5年(1858)本家水野忠良(ただなが)の急死養子にはいり,駿河(するが)(静岡県)沼津藩主水野家6代となる。(そば)用人をつとめたが,井伊直弼(なおすけ)が暗殺されたのちその与党とみられ,文久2年(1862)解任されて隠居。明治7年1月5日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android