水野忠寛(読み)みずの ただひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠寛 みずの-ただひろ

1807-1874 幕末の大名。
文化4年11月4日生まれ。幕臣水野忠紹(ただつぐ)の子。安政5年(1858)本家の水野忠良(ただなが)の急死で養子にはいり,駿河(するが)(静岡県)沼津藩主水野家6代となる。側(そば)用人をつとめたが,井伊直弼(なおすけ)が暗殺されたのちその与党とみられ,文久2年(1862)解任されて隠居。明治7年1月5日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android