水野疎梅(読み)みずの そばい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野疎梅 みずの-そばい

1864-1921 明治-大正時代の書家。
元治(げんじ)元年7月13日生まれ。玄洋社にはいり,韓国政府顧問となるが閔妃(ミンビ)暗殺事件のため帰国。明治43年上海にわたり呉昌碩,楊守敬ら書家とまじわる。以後しばしば往来して中国各地を遊歴した。大正10年10月6日死去。58歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。名は元直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android