水野重仲(読み)みずの しげなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野重仲 みずの-しげなか

1570-1621 江戸時代前期の武将。
元亀(げんき)元年生まれ。水野忠分(ただちか)の3男。徳川家康につかえ,慶長12年徳川頼宣(よりのぶ)の養育係となる。頼宣の国替えにともない14年遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松城,元和(げんな)5年紀伊(きい)新宮城(和歌山県)にうつり,3万5000石を領して和歌山藩付家老をつとめた。元和7年11月12日死去。52歳。名は重央ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android