コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水間 みずま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水間
みずま

大阪府貝塚市中部の地区。近木 (こぎ) 川中流の小盆地に位置。天平 16 (744) 年,僧行基創建と伝えられる名刹水間寺があり,通称水間観音と呼ばれ参詣者が多い。一帯の水間公園はサクラツツジ名所。付近の丘陵は泉州ミカンの産地

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水間
みずま

大阪府南部、貝塚(かいづか)市の一地区。蕎原(そぶら)川と秬谷(きびたに)川が合流して近木(こぎ)川となって北西流する地にあり、水間寺の所在地として知られる。南海電鉄貝塚駅から水間鉄道が通じる。水間寺背後の水間公園はサクラ、ツツジの名所。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水間の関連キーワード福井県越前市室谷町岩本乾什(初代)大阪府貝塚市水間水間鉄道水間線伊勢屋八兵衛大阪府貝塚市俳句(文学)国背別皇子服部 富子貝塚(市)水間鉄翁桑岡貞佐貴志沾洲小野紹廉水間友美崇神天皇総武本線水間貴弘中川宗瑞中央本線

水間の関連情報