コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水間寺 みずまでら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水間寺
みずまでら

大阪府貝塚市水間にある天台宗の寺。同宗の別格本山。龍谷山(りゅうこくざん)と号し、俗に水間観音(かんのん)の名で知られる。本尊は聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)。寺伝によると、744年(天平16)聖武(しょうむ)天皇の勅命により行基が開創したとされる。坊院150を数え隆盛を誇ったが、1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉の根来(ねごろ)攻撃の際に根来方につき、焼打ちされたが、歴代の岸和田城主により再建された。境内には、縁結びの愛染(あいぜん)堂、お夏・清十郎(せいじゅうろう)の墓がある。正月三が日に千本つき(十六童子餅(もち)つき)を行う。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

水間寺

大阪府貝塚市にある寺院創建は744年。天台宗別格本山、本尊は聖観世音菩薩。厄除け観音として知られる。通称、水間観音。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

水間寺の関連キーワード大阪府貝塚市水間大阪府貝塚市貝塚(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水間寺の関連情報