永井久一郎(読み)ながい きゅういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井久一郎 ながい-きゅういちろう

1852-1913 明治時代の官僚,実業家,漢詩人。
嘉永(かえい)5年8月2日生まれ。永井荷風(かふう)の父。アメリカ留学後,文部省にはいり東京図書館長,会計課長をつとめる。のち日本郵船の上海・横浜支店長を歴任。大沼枕山(ちんざん)らに漢詩をまなんだ。大正2年1月2日死去。62歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は匡温。号は禾原(かげん)。著作に「西遊詩」「雪炎百日吟稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android