コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井直幹 ながい なおもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井直幹 ながい-なおもと

1829-1882 幕末の大名。
文政12年7月3日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)加納藩主永井尚佐(なおすけ)の7男。永井直養(なおのぶ)の養子となり,嘉永(かえい)3年大和(奈良県)新庄藩主永井家7代。文久3年藩祖以来の新庄の陣屋を葛上(かつじょう)郡倶尸羅(くじら)にうつし,櫛羅(くしら)藩とあらため,同藩主永井家初代。1万石。明治15年9月6日死去。54歳。通称は伝八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井直幹の関連キーワード永井直壮

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android