コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井直行 ながい なおゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井直行 ながい-なおゆき

1730-1758 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)15年生まれ。永井直期(なおざね)の長男。延享5年摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩主永井家7代となる。先代から悪化しはじめた藩財政が窮乏し,借り入れ,御用金の起債などをおこなった。和田倉門番,京都火消役をつとめた。宝暦8年4月22日死去。29歳。通称は流之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井直行の関連キーワード永井直珍

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android