コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永代供養 エイタイクヨウ

デジタル大辞泉の解説

えいたい‐くよう〔‐クヤウ〕【永代供養】

永代経を行って死者供養すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

永代供養

寺や、霊園を運営する宗教法人故人親族に代わって墓や位牌を管理する。寺側が読経法要を担い、親族は出向く必要がない。厚生労働省によると、墓地埋葬法など現行法には募集や販売の規定はない。

(2011-07-26 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

葬儀辞典の解説

永代供養

故人の供養のための法要を永久に寺院が営んでくれること。その費用は寺院により異なります。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

えいたいくよう【永代供養】

檀家から布施を受けるなどして、毎年、故人の忌日や春秋の彼岸などに寺で行う供養。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

永代供養の関連キーワード特別縁故者墓じまい樹木葬布施檀家春秋送骨彼岸忌日永代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永代供養の関連情報