コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永代経 えいたいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永代経
えいたいきょう

仏教用語。死者冥福を祈るために,毎月の忌日彼岸などのたびに永久に読経すること。永代読経ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいたい‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【永代経】

死者のために、寺が永久的に継続して命日彼岸などに行う読経(どきょう)。特に真宗でいう。永代読経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいたいぎょう【永代経】

信者から布施を受けるなどして、毎年、故人の忌日や春秋の彼岸に寺で永久に行う読経。永代読経。祠堂経しどうきよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永代経
えいたいきょう

永代読経(どきょう)の略。菩提寺(ぼだいじ)や本山などが、檀家(だんか)や信徒の依頼により、永代にわたって死亡者の毎年の祥月命日(しょうつきめいにち)や毎月の命日に供養(くよう)の読経を行うこと。この依頼の際には、永代経料が納められ、永代経の帳簿に記録されて、命日のたびに読経が行われる。また、総永代経といって、春秋の彼岸(ひがん)に、永代経料の納められた死亡者のための読経が行われるものもある。なお、宗派によっては永代経とほぼ同じ意味で、祠堂(しどう)永代経、祠堂経などといわれる。[廣瀬良弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永代経の関連キーワード永代供養故人春秋信者布施祠堂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android