コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永代経 えいたいきょう

4件 の用語解説(永代経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永代経
えいたいきょう

仏教用語。死者の冥福を祈るために,毎月の忌日や彼岸などのたびに永久に読経すること。永代読経ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいたい‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【永代経】

死者のために、寺が永久的に継続して命日や彼岸などに行う読経(どきょう)。特に真宗でいう。永代読経。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいたいぎょう【永代経】

信者から布施を受けるなどして、毎年、故人の忌日や春秋の彼岸に寺で永久に行う読経。永代読経。祠堂経しどうきよう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永代経
えいたいきょう

永代読経(どきょう)の略。菩提寺(ぼだいじ)や本山などが、檀家(だんか)や信徒の依頼により、永代にわたって死亡者の毎年の祥月命日(しょうつきめいにち)や毎月の命日に供養(くよう)の読経を行うこと。この依頼の際には、永代経料が納められ、永代経の帳簿に記録されて、命日のたびに読経が行われる。また、総永代経といって、春秋の彼岸(ひがん)に、永代経料の納められた死亡者のための読経が行われるものもある。なお、宗派によっては永代経とほぼ同じ意味で、祠堂(しどう)永代経、祠堂経などといわれる。[廣瀬良弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永代経の関連キーワード同報メール権威隠れ念仏信者同行衆送信者認証発信者番号通知サービス狂信者忍者からす少額貯蓄等利用者カード

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone