永作手(読み)ながつくて

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永作手
えいさくて

中世における百姓の私地(私領、治田(はりた))に対する私有権を示すことば。荘園(しょうえん)領主や国の上級所有権に対し、官物(かんもつ)や地子(じし)を納入する限り相伝、譲渡、売買も可能であったことから、農民的な下級所有権と評価される。作手を単に耕作権のみとし、永作手と区別して考える見解が有力であるが、ともに11世紀前半に出現し、同じく先祖相伝や開発に由来する権利であることから、本質的には同一で、農民的な土地所有権を示すことばであるとする考えもある。[木村茂光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の永作手の言及

【作手】より

…その権利の内容については,(a)耕作権(占有権)とみる説と,(b)下級所有権とみる説とがある。(a)は古くからの通説ともいえる説であるが,この説では,作手を有期的耕作権(占有権),永作手(ながつくて)を永代耕作権(占有権)とみる。これは,(みよう)・名田を名主(みようしゆ)の所有地,経営地とみる,かつての通説を背景として生まれたものである。…

※「永作手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android