コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私領 シリョウ

大辞林 第三版の解説

しりょう【私領】

個人所有の領地。私有地。
室町以降、御料所・天領に対して、大小名の封地のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の私領の言及

【所領】より

…中世の地主・領主が私有する財産としての土地の総称。私領ともいわれる。古代律令制のもとに存在した家地,園地,墾田,私田などの〈私地〉をその起源とする。…

【幕藩体制】より

…こうして,公儀,身分制,鎖国,賤民制は連動してほぼ同じ時期に成立した。
[支配機構]
 幕藩体制の下では,一部の寺社・朝廷領を別とすれば全国の土地,人民は御料,私領に区分された。御料は幕府直轄領(天領)であり,佐渡,足尾,石見などの主要鉱山や,大坂,京都,江戸,長崎などの主要都市もその中に含まれていた。…

【本領】より

…中世在地領主の所領のうち開発相伝の根本私領をいう。鎌倉幕府法の解説書《沙汰未練書》は本領を定義して,〈本領とは開発領主として代々武家御下文(くだしぶみ)を賜る所領田畠(しよりようでんぱく)等の事なり。…

【領主】より

…本所・領家たる権門貴族に属さず,国衙の公権力にも頼ることなく,私的に田・畠の領有をおこなっていた地方・民間の人々であった。これを特に称して私領主という。また,その領有する土地を私領という。…

※「私領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

私領の関連キーワード関東取締出役アルボルノス私領五番隊御恩・奉公波々伯部保鹿子木荘国役普請関東御領寺田法念阿多氏私有地武士団ボーマ質侶牧高掛物松浦荘国衙領地方官平正盛菅原荘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android