永倉新八(読み)ながくら しんぱち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永倉新八 ながくら-しんぱち

1839-1915 幕末-明治時代の武士,剣道家。
天保(てんぽう)10年4月11日生まれ。神道無念流剣士蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩脱藩,新選組二番隊組長となり,池田屋襲撃にくわわる。慶応4年近藤勇とわかれて靖共隊を結成,今市,会津(あいづ)などでたたかう。のち藩にもどり,杉村義衛と改名。維新後は剣道をおしえた。大正4年1月5日死去。77歳。著作に「新撰組顛末(てんまつ)記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android