コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永嘉学派 えいかがくは

1件 の用語解説(永嘉学派の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永嘉学派
えいかがくは

中国、北宋(ほくそう)末から南宋にかけて、浙江(せっこう)省永嘉におこった学派。張横渠(ちょうおうきょ)、程頤(ていい)に私淑した許景衡(きょけいこう)、周行己(しゅうこうき)、劉安節(りゅうあんせつ)、劉安上(りゅうあんじょう)、戴述(たいじゅつ)、趙霄(ちょうしょう)、張輝(ちょうき)、沈彬老(しんひんろう)、蒋元中(しょうげんちゅう)が初期永嘉学派の九先生とよばれる。のち、鄭景望(ていけいぼう)、薛季宣(せつきせん)を経て、葉適(しょうてき)、陳傅良(ちんふりょう)に至って完成した。
 この学派は、朱熹(しゅき)(朱子(しゅし))や陸象山(りくしょうざん)の理学に反対して、道は事物そのもののなかに存在し、具体的な客観事物を離れて、抽象的な道の存在はありえないとする。したがって現実を離れた空虚で煩瑣(はんさ)な議論よりも、周礼(しゅらい)の精神に学びつつ、治国安民をいかにして実現していくかに主力を注いだ。政治上における具体的な功績の追求に目的のあるところから、功利学派、事功学派ともよばれる。[菰口 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の永嘉学派の言及

【浙江[省]】より


[浙江文化]
 このような風土をもつ浙江には,独特の芸術や思想が生まれた。特に発展した経済を背景に,現実的な思想が尊重され,宋代の思弁的な朱子学に対し,実学をとなえた呂祖謙らの金華学派(婺学(ぶがく)),薛季宣(せつきせん)(1134‐73)らの永嘉学派,陳亮らの永康学派(総称して浙東学派という)はその代表であろう。また清代には黄宗羲,万斯同,全祖望,章学誠など,史学を重視する学風も浙東に生まれた。…

※「永嘉学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone