コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂祖謙 りょそけん Lü Zu-qian

5件 の用語解説(呂祖謙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂祖謙
りょそけん
Lü Zu-qian

[生]紹興7(1137)
[没]淳煕8(1181)
中国,宋の儒学者。金華 (浙江省) の人。字は伯恭。東らい先生と称された。太学博士,国史院編修官などを歴任,宋の孝宗に文治,武備の充実を献言し,宰相の器と目されていたが,早逝。朱子,張しょく,陸象山らと親交,「鵞湖 (がこ) の会」を斡旋して朱,陸学の調停をしたことはよく知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょ‐そけん【呂祖謙】

[1137~1181]中国、南宋の学者。婺州(ぶしゅう)(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は伯恭。号、東莱(とうらい)。朱熹(しゅき)の友人で、史学に通じ、空論を排した。著に朱熹と共編の「近思録」のほか「東莱左氏博議」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りょそけん【呂祖謙 Lǚ Zǔ qiān】

1137‐81
中国,南宋の学者。字は伯恭,号は東萊(とうらい)。呂東萊と号をもっても知られる浙江省金華の人。その家系は,宰相をはじめ多数の高級官僚を出した宋代きっての名門である。彼は,思想的には独自な主張を打ち出さなかったが,その博学と徳望によって当時の学界の調停者として活躍した。のちに金華の地に学芸が栄えたのは,彼の耕した土壌があったからである。著書に,朱熹(しゆき)(子)と共編の《近思録》のほか,《大事記》《皇朝文鑑》《東萊博議》など膨大な仕事を残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょそけん【呂祖謙】

1137~1181) 中国、南宋の学者。字あざなは伯恭、号は東萊。朱熹しゆきとの共著「近思録」のほか、「東萊文集」などの著作がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呂祖謙
りょそけん
(1137―1181)

中国、南宋(なんそう)の学者。(ぶしゅう)(浙江(せっこう)省金華県)の人。字(あざな)は伯恭(はくきょう)、号は東莱(とうらい)、諡(おくりな)は成(せい)、のちに忠亮(ちゅうりょう)。北宋期に高官を務めた、蒙正(もうせい)(944―1011)、夷簡(いかん)(979―1044)、公弼(こうひつ)(1007―1073)、公著(1018―1089)、好問(1064―1131)を祖先にもつ恵まれた環境に育ち、林之奇(りんしき)(1112―1176)、汪応辰(おうおうしん)らに師事し、朱熹(しゅき)(朱子)、張(ちょうしょく)を友として広い学識を備えた。1163年進士に及第。南外宗学教授から太学博士、国史院編修官、実録院検討官と学問に関係する職に長くかかわった。1175年には朱子と陸象山(りくしょうざん)(九淵(きゅうえん))の学問の調停を図るため鵝湖(がこ)の会を主宰している。著書に『呂氏家塾読詩記』32巻、『東莱先生左氏博議』25巻、『呂東莱先生文集』40巻などがあるが、朱子との編著の『近思録』はとくに有名である。[菰口 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呂祖謙の言及

【近思録】より

…中国,南宋の朱熹(しゆき)が友人の呂祖謙と共に編纂した,北宋の道学(宋代に起こった新儒教)者の選集。題名は《論語》子張篇,〈博く学んで篤(あつ)く志し,切に問いて近く思う〉にもとづく。…

※「呂祖謙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呂祖謙の関連キーワード魏収厳羽呉文英蔡元定葉夢得南人朱陸鄭樵東莱左氏博義東萊[温泉]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone