コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉適 しょうてきYe Shi; Yeh Shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉適
しょうてき
Ye Shi; Yeh Shih

[生]紹興20(1150)
[没]嘉定16(1223)
中国,南宋の政治家,学者。「ようてき」ともいう。浙江省永嘉県の人。字は正則。号は水心。諡は忠定。淳煕5 (1178) 年の進士。官は宝文閣待制,江淮制置使に累進したが,弾劾されて失職ののちは仕官せず著述に専念した。著書『水心文集』 (29巻) ,『学習記言』 (50巻) など。

葉適
ようてき

葉適」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうてき【葉適 Yè Shì】

1150‐1223
中国,南宋の政治家,学者。字は正則,号は水心。浙江省永嘉の人。1178年(淳熙5)に進士合格。中央と地方の官を往復したが,晩年は官界を追われ郷里で著述に専念した。陳傅良(ちんふりよう)などとともにいわゆる永嘉学派の代表的人物。同時代朱熹や陸九淵らとは異なり,その学問の特色は実用性や経済性を重視する点にあった。またすぐれた政治論の書き手としても知られ《水心先生文集》29巻が現存。日本の古義学派伊藤仁斎にも影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の葉適の言及

【事功学派】より

…中国,南宋時代,浙江省におこった学派。婺(む)州永康県の陳亮(ちんりよう),温州永嘉県の薛季宣(せつきせん)(1134‐73),陳傅良(ちんふりよう)(1137‐1203),葉適(しようてき∥ようてき)らがその代表的学者。その出身地にちなんで永康・永嘉学派ともいい,功利学派ともいう。…

【事功学派】より

…中国,南宋時代,浙江省におこった学派。婺(む)州永康県の陳亮(ちんりよう),温州永嘉県の薛季宣(せつきせん)(1134‐73),陳傅良(ちんふりよう)(1137‐1203),葉適(しようてき∥ようてき)らがその代表的学者。その出身地にちなんで永康・永嘉学派ともいい,功利学派ともいう。…

※「葉適」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉適の関連キーワード葉適(ようてき)事功学派趙師秀宋学翁巻徐照嘉定徐き

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android