コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永富亀山 ながとみ きざん

2件 の用語解説(永富亀山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

永富亀山

江戸後期の儒者。長門生。名は友、字は充国、通称数馬。永富独嘯庵の子。亀井南溟の門人。五島藩儒となり、のち江戸に講説した。享和元年(1801)歿、45才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永富亀山 ながとみ-きざん

1757-1801 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦7年生まれ。永富独嘯庵(どくしょうあん)の子。亀井南冥(なんめい)にまなぶ。安永9年肥前福江藩(長崎県)藩主五島盛運(もりゆき)にまねかれ,藩校稽古(けいこ)所(のちの至善堂)の初代教授。晩年は江戸で世嗣盛繁に講義した。享和元年6月15日死去。45歳。長門(ながと)(山口県)出身。名は友。字(あざな)は充国。通称は数馬。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永富亀山の関連キーワード赤松翼伊藤九皐岩井正斎片岡芳香画猫道人川島歌遊交寛美三鍼橘貞風千柄菊旦

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone