コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永富亀山 ながとみ きざん

美術人名辞典の解説

永富亀山

江戸後期の儒者。長門生。名は友、字は充国、通称数馬。永富独嘯庵の子。亀井南溟の門人。五島藩儒となり、のち江戸に講説した。享和元年(1801)歿、45才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永富亀山 ながとみ-きざん

1757-1801 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦7年生まれ。永富独嘯庵(どくしょうあん)の子。亀井南冥(なんめい)にまなぶ。安永9年肥前福江藩(長崎県)藩主五島盛運(もりゆき)にまねかれ,藩校稽古(けいこ)所(のちの至善堂)の初代教授。晩年は江戸で世嗣盛繁に講義した。享和元年6月15日死去。45歳。長門(ながと)(山口県)出身。名は友。字(あざな)は充国。通称は数馬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android