永春(読み)えいしゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永春
えいしゅん

[生]正平24(1369)
[没]応永25(1418)
室町時代のやまと絵の画家。経歴は不詳。応永 21 (1414) 年成立の清涼寺本『融通念仏縁起絵巻』 (2巻) を六角寂済藤原光国土佐行広春日行秀粟田口隆光と共同制作。このなかに画工大夫法眼永春と記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永春 えいしゅん

1369-1418 室町時代の画家。
応安2=正平(しょうへい)24年生まれ。土佐光顕の子といわれる。応永21年の「融通念仏縁起絵巻」(清凉寺本)をかいた絵師のひとり。絵巻の裏書きに「画師大夫法眼永春」の署名がみられる。応永25年死去。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永春の関連情報