コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やまと絵 やまとえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

やまと絵
やまとえ

倭絵,大和絵,和絵とも書く。日本絵画史における基本的用語の一つとして,平安時代以来現在まで広く用いられたが,その概念は歴史的に何段階かに変化した。平安時代には,中国的な主題を扱った唐絵 (からえ) に対するものとして,日本の風景や風俗を描いた絵,特に月次絵 (つきなみえ) ,名所絵などの屏風障子絵に対して用いられた。すなわち当初の語義は主題上の区別であり,様式的な概念は含まれていなかった。しかし鎌倉時代後期から宋元絵画の舶載が盛んになると,これらの中国画を唐絵と呼び,さらにその影響を受けた新様式の日本画,特に水墨画に対しても唐絵の語が用いられた。すると反対概念である「やまと絵」も内容を変化拡大させ,平安時代以来の伝統的な風俗画や風景画を広く意味するようになった。室町時代以降この種の伝統的絵画は宮廷の絵所 (えどころ) ,ことに土佐家 (→土佐派 ) の人々によって世襲され,禅林を中心とする水墨画家や,和漢融合を意図する狩野派と対立するに及んで,やまと絵は流派的意義を含んだ様式概念となった。江戸時代においては住吉派や復古やまと絵の画家などにも継承され,明治以後新しい日本画を生む基盤の一つとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまとえ【やまと絵】

倭絵,大和絵とも書く。〈やまと絵〉は,日本絵画史のうち宗教画を除く鑑賞的絵画,すなわち風景・花鳥画,物語・人物・風俗画などのジャンルにおける最も主要な基礎概念として,平安時代以来現代に至るまで長い間用いられてきた。その意味内容はさまざまな変遷を経る中でしだいに多義にわたり,現在では,日本的な主題や画風をもった絵画を意味するかなり包括的な概念として使われている。 今日,絵画が〈やまと絵〉的と形容されるとき,一般に豊麗な色彩の調和や装飾的感覚に裏付けられ,平明で多分に情趣的な内容をもち,日本的な感性や美意識に訴えかけるような表現に満ちている場合を指すことが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のやまと絵の言及

【飛鳥部常則】より

…作品は全くのこっていないが,954年(天暦8)村上天皇筆の法華経の表紙絵,958年(天徳2)村上天皇の女御芳子の調度屛風,964年(康保1)には清涼殿に白沢王の像を描いたことなどが知られている(《村上天皇御記》)。999年(長保1)の藤原彰子入内のための倭絵四尺屛風は〈故常則画〉と記され(《権記》),没年の下限が推定されるばかりでなく,〈やまと絵(倭絵)〉という語の最も古い用例として著名。また《源氏物語》には,彼の描いた宇津保物語絵を評して〈いまめかしうおかしげに〉とあり,9世紀後半ころからはじまった日本の風景・風俗を描いたいわゆる〈やまと絵〉の新たな様式展開を巨勢公忠,公望らと共に担った画家として位置づけられる。…

【歌絵】より

…歌に詠まれた情景を絵画化し,そこに歌の心ばえや情趣を表出させたもの。平安時代のやまと絵は和歌と密接なかかわりをもって展開した。ただし,四季おりおりの景物や名所風景を描く屛風絵,障子絵は原則として歌を伴っているが,これらは歌絵とは呼ばれていない。…

【障屛画】より

…東寺に伝来した《山水(せんずい)屛風》(現,京都国立博物館)はそのような唐絵屛風の貴重な遺例である。 9世紀後期に入って和歌の全盛期をむかえ,障屛画に日本の諸景物や勝景を描いた〈やまと絵〉画題の諸作品が誕生した。やがて,日本人特有の生活感情に支えられ,四季や12ヵ月の景趣に彩られた人間の営みを描く四季絵や月次絵(つきなみえ),日本諸国の名所を描出する名所絵などのやまと絵障屛画が,文献に数多く記録されるようになる。…

【室町時代美術】より

…夢窓疎石による天竜寺庭園や西芳寺洪隠山枯山水石組みもまた,平安時代以来の庭園の伝統に,新たな禅の精神の骨組みを加えたものである。
[やまと絵]
 唐物趣味の流行に押されて,また宮廷や公家の経済的劣勢もあって,伝統的なやまと絵の分野は停滞したとみられているが,それは,障屛(しようへい)画の遺品が乏しいためであって,実際は新しい動きのあったことが,14世紀の絵巻の画中に描かれた障屛画などからうかがえる。古代以来の屛風の一扇ごとの縁が取り払われて,それが構図の統一を有利にしたことも推察できる。…

【名所絵】より

…歌枕など諸国の名所を選び,連作として屛風絵や障子絵に描いたものを名所絵と呼ぶ。月次絵(つきなみえ)や四季絵とともに,日本の風景・風俗を描いたやまと絵の主要なジャンルをなした。和歌に詠まれた名所の興趣深い情景を描き出し,主題となった和歌をそれぞれの画中の色紙形に能筆をもって書き込んだり,あるいは描かれた名所絵を前に,その風情を歌に詠じ合って興じたもので,やまと絵障屛画の常として和歌と絵画とが深く結びついていた。…

※「やまと絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

やまと絵の関連キーワード春日権現験記絵巻復古やまと絵派隆房卿艶詞絵巻長谷雄卿草紙粟田口慶羽飛鳥部常則大嘗会屏風粟田口隆光枕草子絵巻浜松図屏風久能寺経土佐行広松岡映丘住吉具慶速水御舟長崎版画渡辺始興土佐光吉岡田為恭住吉如慶

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やまと絵の関連情報