コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融通念仏縁起絵巻 ゆうずうねんぶつえんぎえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

融通念仏縁起絵巻
ゆうずうねんぶつえんぎえまき

融通念仏宗を興した良忍上人の事績や念仏の功徳などを描いた絵巻。教義の弘布を目的として数多く制作された。原本は正和3 (1314) 年の成立で,アメリカのクリーブランド,シカゴ両美術館に分蔵の1本はこの原本に最も近い作例。その後永徳・至徳年間 (81~87) ,南北朝時代の僧良鎮の熱烈な勧進によって多くの転写本 (知恩院本,根津美術館本,フリーア美術館本など) が作られた。元中7=明徳1 (90) 年に木版本 (大念仏寺本) も刊行。さらにこの木版本を基に着彩の絵本も制作された。応永 21 (1414) 年六角寂済らが描いた清涼寺本はその好例で,15世紀のやまと絵を知るうえで貴重な作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

融通念仏縁起絵巻【ゆうづうねんぶつえんぎえまき】

融通念仏宗の開祖良忍(りょうにん)の伝記および同宗の興隆を描いた絵巻。1314年原本が成立,鎌倉末〜室町期にかけて広く伝写された。大坂大念仏寺蔵の2巻本(版画)は良鎮(りょうちん)上人が1391年開板したものの一つで版画史上貴重。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうづうねんぶつえんぎえまき【融通念仏縁起絵巻】

融通念仏を広めた良忍の伝記から,融通念仏の感得の由来,入滅後の奇跡などをとり上げ,さらに融通念仏の功徳やその弘通の歴史を描いたもの。原本(2巻)が1314年(正和3)に成立するや,鎌倉時代末より室町時代にかけてたちまち広く伝写された。原本にごく近いものがクリーブランド,シカゴ両美術館に分蔵されるほか,14世紀末に良鎮が出て,熱烈な勧進によって多数の転写本がつくられ,さらに1390年(元中7∥明徳1)には精巧な木版本が完成し,大阪市大念仏寺などにのこる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

融通念仏縁起絵巻の関連キーワード粟田口隆光四辻善成藤原光国土佐行秀藤原行秀藤原光益土佐行広土佐派良尊永春

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android