コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永源寺[町] えいげんじ

百科事典マイペディアの解説

永源寺[町]【えいげんじ】

滋賀県東部,神崎(かんざき)郡の旧町。愛知川(えちがわ)上流域を占め,大部分は鈴鹿山脈の山地で木材,米,コンニャクイモを産し,茶(政所(まんどころ)茶)の栽培も盛ん。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいげんじ【永源寺[町]】

滋賀県南東部,神崎郡の町。1955年永源寺村と市原村が合体,町制。人口6500(1995)。鈴鹿山脈西斜面に位置し,中央を愛知(えち)川が西流する。山林が町域の大半を占め,冬季の積雪も多い。米作中心の零細農家が多く,副業にシイタケ,ナメコの栽培,木材の生産が行われる。東部の蛭谷(ひるたに),君ヶ畑など小椋(おぐら)谷の集落は木地屋発祥の地として知られ,惟喬親王をまつる筒井神社,高尾御所金竜寺など木地屋ゆかりの古社寺がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android