コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛東[町] あいとう

百科事典マイペディアの解説

愛東[町]【あいとう】

滋賀県中東部,愛知(えち)郡の旧町。町域の東部は山地で,洪積台地が広がる。西部愛知川にかけて扇状地がつづく。米,野菜,ブドウ,ナシなどを産し,畜産も行う。名神高速道路が町の西部を南北に通過する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいとう【愛東[町]】

滋賀県中東部,愛知(えち)郡の町。1971年町制。人口6003(1995)。東部は鈴鹿山脈西麓にあたり,洪積台地が広がる。南西部を愛知川が流れ,扇状地を形成する。灌漑水路が整い,中世以来の溜池も多く,米作を中心とした農業を主産業としている。近年,大規模なハウス園芸やブドウ栽培にも力を入れている。兼業農家がほとんどであるが,製造業従事者も増加している。東部には湖東三山の一つで風光明美な百済寺や近江温泉(単純泉,32℃)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android