コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎方法論 はんほうほうろんPanmethodismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汎方法論
はんほうほうろん
Panmethodismus

新カント派のマールブルク学派の立場で,P.ナトルプはみずからの哲学にこの名を与えた。方法的観念論 methodischer Idealismusも同義。文化的生の全体を確実にとらえることを課題としたナトルプは,コーエンの影響下に批判哲学に向い,科学,倫理,芸術,宗教を貫く批判的方法を哲学の本質とした。方法はすべての客観的 (学的) 現実を生み出す力であって,個々の分科の上位にあるとする彼の哲学的立場が汎方法論である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android