コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

批判哲学 ひはんてつがく critical philosophy

翻訳|critical philosophy

6件 の用語解説(批判哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

批判哲学
ひはんてつがく
critical philosophy

哲学史的には,『純粋理性批判』で示されたカント批判主義の立場をさす。すなわち,独断論や懐疑論に陥ることを避け,理性の自己認識を究明するのが批判主義の立場で,彼によれば批判とは書物や体系の批判ではなく,一切の経験から独立して得られる認識に関しての理性の能力の批判であるとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひはん‐てつがく【批判哲学】

批判主義の立場に立つカントおよびカント学派の哲学。先験哲学

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

批判哲学【ひはんてつがく】

ドイツ語kritische Philosophieの訳。狭義には人間理性の権能と限界を画定しようとした,カント理性批判の哲学,広義にはその流れをくむ認識批判,言語批判をもっぱらとする哲学の称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひはんてつがく【批判哲学 kritische Philosophie[ドイツ]】

通常はカントの理性批判の哲学,より広くは直接間接にその流れをくんで認識批判ないし言語批判を展開する哲学をいう。カントの《純粋理性批判》の哲学は,経験から独立に成立するア・プリオリな認識に関して,人間理性がいかなる権能と限界をもつかを確定しようとするものにほかならない。カントは,この課題を,数学と自然科学を人間理性によるア・プリオリな認識の具体例とみなし,他方で西欧の伝統的な形而上学の基礎的な道具立てを編成変えしつつ数学,自然科学の認識の普遍妥当性の根拠を明らかにしようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひはんてつがく【批判哲学】

批判主義による哲学。カントおよび新カント学派の哲学。先験哲学。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

批判哲学
ひはんてつがく
kritische Philosophieドイツ語

通常はカントの理性批判の哲学、また場合によってはカント哲学の基本的発想を受け継いで発展させようとする新カント学派をはじめとする一連の哲学をさす用語として使われる。カントの「純粋理性批判」の哲学は、経験から独立に成立するア・プリオリ先天的)な認識に関して、人間理性がいかなる権能とまた限界とをもつかを確定しようとするものにほかならない。カントはこの課題を、一方でユークリッド幾何学ニュートン物理学に代表される古典的な数学と自然科学を人間理性によるア・プリオリな認識が事実存在する具体例とみなし、他方で西欧の伝統的な形而上(けいじじょう)学の基礎的な道具立てを編成替えしつつ、数学、自然科学の認識の普遍妥当性の根拠を明らかにすることを通じて、その限界をあらわならしめるという、「超越論的」な手法によって解こうとする。
 この結果、認識の対象としての自然は、人間の超越論的主観によって構成される表象の総体としての「現象」にまで還元される。それを超えた「物自体」については、人間理性はその認識に究極の統一をもたらすべき統制的原理として、それをみなす以上に積極的認識としての規定をもたらすことはできない、というよく知られた結論が導かれることになるわけである。ここで、唯一の必然的構造を備えた空間としてのユークリッド空間、またニュートンの考える唯一の静止座標系としての絶対空間・絶対時間と、主観の側での「われ思う」の「超越論的統覚」の統一とが、互いに相関的に相補い合うものとして向かい合う構造がみられることは否定できない。だが読み方によれば、カントは、超越論的統覚のさらに根底にこのような枠にとらわれない生産的構想力や反省的判断力といったものを考えていた、と解することも可能である。したがって、批判哲学は古典数学や古典物理学を超えては有効性をもちえないとか、弁証法的思考になじまないとか速断することはあたらない。
 事実、新カント学派でのカントの思考の道具立ての新たな手直し、拡張による批判哲学の活性化の試みから、さらには、後期フッサールによる生活世界の現実を踏まえた超越論的哲学の新たな再生の試み、さらに近くは、ストローソンによる日常言語の分析の立場からするカントの再解釈など、批判哲学の今日的形態は数多くみられるのである。[坂部 恵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

批判哲学の関連キーワードカントカント学派純粋理性批判ハーマン科学批判理論理性《実践理性批判》《弁証法的理性批判》理性批判歴史的理性批判

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

批判哲学の関連情報