江戸の敵を長崎で討つ(読み)エドノカタキヲナガサキデウツ

デジタル大辞泉の解説

江戸(えど)の敵(かたき)を長崎(ながさき)で討(う)つ

意外なところで、または筋違いのことで、以前の恨みの仕返しをする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えど【江戸】 の 敵(かたき)を長崎(ながさき)で討(う)

意外な場所で、または筋違いな事で、昔の恨みの仕返しをする。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「斯ういふ奴には罷り間違へば江戸の仇を長崎で討たれるやうな目に遇ふから」
[補注]楳垣実の「江戸のかたきを長崎で」によると、本来「江戸のかたきを長崎が討つ」で、文政年間(一八一七‐三〇)に大坂の見世物師が江戸で大成功を収め、江戸の見世物を圧倒したが、間もなく長崎の細工師の見世物が大坂のそれをしのぐ人気を博したことから出た語という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

江戸の敵を長崎で討つ

以前に受けた恨みを、意外な場所で、あるいは筋違いなことで晴らす。

[使用例] この頃は江戸長崎で巡り逢ったような心持ちがする[夏目漱石虞美人草|1907]

[解説] 江戸と長崎の地理的な遠さによって、物事の意外さや筋違いなことを強調したもの。由来については、文政年間(1818~30)、大坂職人による籠細工の江戸興行にを発した職人の面目争いで、江戸職人の恨みを長崎職人が晴らしたことから、「江戸の敵を長崎が討つ」という流行言葉ができたとする(楳垣実)があります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる