間違(読み)まちがい

精選版 日本国語大辞典「間違」の解説

ま‐ちがい ‥ちがひ【間違】

〘名〙 (動詞「まちがう(間違)」の連用形の名詞化)
① 判断や計算の結果が、正しいもの、あるべき状態や結果と違うものになること。まちがうこと。また、そのような状態や結果。
※小説精言(1743)四「儞老人家有甚差錯(〈注〉マチガヒ)
② 失敗。しくじり。また、適切でないこと。
※洒落本・初葉南志(1780)「なにに付ても老人は気が付まして間違ひはござりませぬが」
③ 事故。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉長崎遊学「少し浪風があると毎度大きな間違(マチガ)ひを仕出来(しでか)します」
④ 争い。紛争。
※洒落本・意妓口(1789‐1801頃)二「客ははらをたってまちがひとなり」
⑤ 未婚または不倫の間柄にある男女の情事。多く、女の立場についていう。
※人情本・英対暖語(1838)二「お房も実に此文の心いきで居るのを、捨て置たら間違(マチガヒ)が出来めへものでもねへ」

ま‐ちがえ ‥ちがへ【間違】

※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「おれが済(すみ)すましを付たから、けちりんも間違(マチゲヘ)はねへ」
※歌仙(1952)〈石川淳〉「そもそも、わたしがこの諸君をどこかに案内しようといふ趣向がまちがへの元であった」

ま‐ちが・う ‥ちがふ【間違】

[1] 〘自ワ五(ハ四)〙
① 判断や計算の結果が、正しいもの、あるべきさまと違う状態や結果となる。きまりや筋道などからはずれる。違う。誤る。現在では「…をまちがう」の形で他動詞的にも用いる。
※談義本・根無草(1763‐69)前「死ぬる命はいとはねども、大切の御用間違ん事本意なく覚ゆれば」
② 行きちがう。かけちがう。
※俳諧・枯尾花(1694)上「間違ふてあはぬ命や村時雨〈吾我〉」
③ しそこなう。失敗する。
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉演説家の妻「間違(マチガ)って窓枠に指先を挟まれてしまった」
[2] 〘他ハ下二〙 ⇒まちがえる(間違)

ま‐ちが・える ‥ちがへる【間違】

〘他ア下一(ハ下一)〙 まちが・ふ 〘他ハ下二〙 取りちがえる。仕損なう。違える。
※歌舞伎・暫(1714)「ヲヲ、間違(マチガ)へた間違へた。五段目の正本がふところにあったから、間違へてつけたのだ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「あひてをまちがへて、ほかの人にかみつく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android