コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸小唄 エドコウタ

デジタル大辞泉の解説

えど‐こうた【江戸小唄】

隆達節(りゅうたつぶし)や投げ節が、元禄(1688~1704)の前後に江戸風に歌われたもの。
幕末のころ、歌沢に対し、江戸端唄(はうた)から分かれて一派を立てたもの。座興的な三味線の爪弾(つまび)きに乗せたテンポの速い歌い方が特色。
江戸時代小唄。また、江戸趣味の小唄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えどこうた【江戸小唄】

小唄 」に同じ。特に、小歌のうち江戸初期までのものと区別するときに言う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の江戸小唄の言及

【清元節】より

…原則として2挺3枚(三味線2人,太夫3人)で演奏するが,三味線が3挺となることもある。 2世延寿時代に当時流行の端唄を積極的に取り入れたことから,清元の作曲家が余技としてはじめた小唄は,その後に発展して江戸小唄となり,一つのジャンルを作った。小唄の曲節には,清元のそれを基本としたものが多く,発声法などに大きな影響がみられる。…

【小歌(小唄)】より

…曲節は軽快,進取を好む)などである。従来の小歌,小唄と区別して〈江戸小唄〉と呼ぶようになったのはこのころである。この他,歌舞伎を題材とした芝居小唄をはじめ300曲近くを作曲した吉田草紙庵も一派を成した。…

※「江戸小唄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸小唄の関連キーワード中山 小十郎鈴虫権左衛門横山 さき鈴虫勘兵衛吉田草紙庵小唄八兵衛清元 延栄横山さき隆達節三味線一派元禄歌沢市丸小歌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android