コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸真砂六十帖 えどまさごろくじゅうじょう

1件 の用語解説(江戸真砂六十帖の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えどまさごろくじゅうじょう【江戸真砂六十帖】

随筆。作者不詳。宝暦ころ(1760ころ)成立。写本5巻。1689年(元禄2)に生まれた筆者が見聞した,江戸で起こった珍事を書き記したもの。石川六兵衛の女房の奢侈(しやし),元禄金吹替え奈良屋茂左衛門,英一蝶,永代橋,紀伊国屋文左衛門,役者声色の元祖などを項目を掲げて記す。異本として広本10巻があり,これには天一坊,直訴箱,大岡越前守深井志道軒日本左衛門,新吉原の灯籠などが記されている。江戸中期の江戸の様相を知るすぐれた資料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸真砂六十帖の関連キーワードいちころコロシアムころ銭ところに不詳芋虫ころころころ流し狆ころサイコロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone