江戸真砂六十帖(読み)えどまさごろくじゅうじょう

世界大百科事典 第2版の解説

えどまさごろくじゅうじょう【江戸真砂六十帖】

随筆。作者不詳。宝暦ころ(1760ころ)成立。写本5巻。1689年(元禄2)に生まれた筆者が見聞した,江戸で起こった珍事を書き記したもの。石川六兵衛の女房の奢侈(しやし),元禄金吹替え,奈良屋茂左衛門英一蝶永代橋紀伊国屋文左衛門,役者声色の元祖などを項目を掲げて記す。異本として広本10巻があり,これには天一坊,直訴箱,大岡越前守深井志道軒日本左衛門新吉原の灯籠などが記されている。江戸中期の江戸の様相を知るすぐれた資料である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android