コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英一蝶 はなぶさ いっちょう

美術人名辞典の解説

英一蝶

江戸中期の画家。大坂生。名は信香、のち一蝶と改める。字は駿、通称を助之進、号に朝湖・牛麿・翠蓑翁等。狩野安信に学び、のち一蝶派の祖となる。俳諧松尾芭蕉に学んで暁雲と号し、宝井其角小川破笠・横谷宗舞「蕕反童鬚靴拭5・檻糠・扮724年)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はなぶさ‐いっちょう〔‐イツテフ〕【英一蝶】

[1652~1724]江戸前・中期の画家。京都の人。英派の祖。初名多賀朝湖。幕府の怒りに触れて三宅島に流され、赦免後、一蝶と改名。初め狩野派の門に入ったが、のち風俗画に転じ、軽妙洒脱な画風を確立。また、松尾芭蕉に師事し、俳諧にも長じた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

英一蝶【はなぶさいっちょう】

江戸中期の画家。大坂の人。名は信香,朝湖と号した。江戸で狩野安信に入門,のち岩佐又兵衛菱川師宣らの風俗画をとり入れ,軽妙洒脱(しゃだつ)な画風を形成。芭蕉其角らの俳人や役者の市川團十郎通人との交渉があり,幕府の忌諱(きい)に触れて1698年-1709年流罪,江戸に帰ってから英一蝶と改めた。
→関連項目横谷宗【みん】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

英一蝶

没年:享保9.1.13(1724.2.7)
生年:承応1(1652)
江戸前期から中期にかけて活躍した風俗画家。伊勢亀山藩(三重県)藩主石川昌勝の侍医の子として京都に生まれた。本姓は多賀氏,名は安雄のちに信香,字は君受。はじめ多賀朝湖の画名を使ったが,伊豆三宅島配流から許されて江戸へ戻ってのち,姓を英,通称を一蝶と改めた。号は狩林散人,翠蓑翁,隣樵庵,暁雲堂など数多いが,一蝶を名乗ってからは,北窓翁をもっぱら号した。早くから江戸へ移り,狩野安信の門に学んだが,岩佐又兵衛や菱川師宣などの浮世絵・風俗画へと接近,清新な表現で都市の風俗を活写した。一方,談林風の俳諧にも親しみ,松尾芭蕉門下の榎本其角らと交友,機知に富んだ俳句を作った。一蝶の都会的な感覚の風俗画には,俳諧の影響もかなりあったと思われる。将軍綱吉の生母桂昌院の周辺をも巻き込んだ醜聞事件に連座し,元禄11(1698)年,三宅島に遠流になり,宝永6(1709)年,将軍代替わりの恩赦によりようやく江戸に戻った。一蝶の作品は,若いころの朝湖時代,配流時代の島一蝶時代,江戸に戻って没するまでの英一蝶時代に大別されるが,英一蝶時代の作品が圧倒的に多い。代表作として,「朝暾曳馬図」(静嘉堂文庫美術館蔵),「四季日待図巻」(出光美術館蔵),「吉原風俗図巻」(サントリー美術館蔵),「雨宿り図屏風」(東京国立博物館蔵,バークコレクション)などがある。<参考文献>小林忠・榊原悟「守景/一蝶」(『日本美術絵画全集』13巻)

(小川知二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなぶさいっちょう【英一蝶】

1652‐1724(承応1‐享保9)
江戸初・中期の画家。英派の祖。伊勢亀山藩石川侯の侍医の子として京都に生まれ,幼時江戸へ下る。本姓は多賀氏,名は安雄のち信香,字は君受。号は朝湖,一蝶,翠蓑翁,北窓翁など多数。俳号を暁雲,夕寥などといい,遊里での通名を和応(和央)といった。絵ははじめ幕府奥絵師の筆頭狩野安信に師事して狩野派の本格的な画法に習熟するが,やがて岩佐勝以(又兵衛),菱川師宣の風俗画風を慕って,当世江戸の都市風俗を活写し,古典的主題の戯画的表現に機知の冴えを誇る平明な作風を形成するに至る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はなぶさいっちょう【英一蝶】

1652~1724) 江戸前・中期の画家。京都の人。江戸に出て狩野安信に師事し多賀朝湖と称したが、幕府の怒りに触れて伊豆三宅島に流された。赦免後、英一蝶と改名。軽妙な筆で市井の風俗を描いた。俳諧・書もよくした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英一蝶
はなぶさいっちょう

[生]承応1(1652).京都
[没]享保9(1724).1.13. 江戸
江戸時代前期~中期の画家。俗称は助之進,名は信香,字は君受,号は一蜂,一蝶,牛麿など。初め多賀朝湖と名のり,15歳の頃から江戸で狩野安信に師事したがのち破門。当時の狩野派の形式化した画風に満足できず,土佐派や岩佐又兵衛,菱川師宣らの画風を学んだと伝えられる。元禄6 (1693) 年江戸幕府の怒りに触れて三宅島へ流罪。7年後許されて江戸へ帰り英一蝶と改名。洒脱な画趣にあふれた都会風俗画にすぐれ,また俳諧,音曲も得意とし,当時の通人としても有名。主要作品『日待図巻』 (出光美術館) ,『朝暾 (とん) 曳馬図』 (静嘉堂文庫) ,『布晒舞図』 (遠山記念館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英一蝶
はなぶさいっちょう
(1652―1724)

江戸前期の画家。英派の祖。医師多賀伯庵(はくあん)の子として京都に生まれる。幼名猪三郎、諱(いみな)は信香(のぶか)、字(あざな)は君受(くんじゅ)、剃髪(ていはつ)して朝湖(ちょうこ)と称した。翠蓑翁(すいさおう)、隣樵庵(りんしょうあん)、北窓翁などと号し、俳号に暁雲(ぎょううん)、夕寥(せきりょう)があった。1659年(万治2)ごろ江戸へ下り、絵を狩野安信(かのうやすのぶ)に学んだが、いたずらに粉本制作を繰り返し創造性を失った当時の狩野派に飽き足らず、岩佐又兵衛(いわさまたべえ)や菱川師宣(ひしかわもろのぶ)によって開かれた新興の都市風俗画の世界に新生面を切り開いた。機知的な主題解釈と構図、洒脱(しゃだつ)な描写を特色とする異色の風俗画家として成功。かたわら芭蕉(ばしょう)に師事して俳諧(はいかい)もよくした。1698年(元禄11)幕府の怒りに触れ三宅(みやけ)島に流されたが、1709年(宝永6)将軍代替りの大赦により江戸へ帰り、画名を多賀朝湖から英一蝶と改名した。晩年はしだいに風俗画を離れ、狩野派風の花鳥画や山水画も描いたが、終生俳諧に培われた軽妙洒脱な機知性を失うことはなかった。代表作に、いわゆる「島(しま)一蝶」として珍重される三宅島配流時代の作品『四季日待図巻』(東京・出光(いでみつ)美術館)や『吉原風俗図巻』(東京・サントリー美術館)、『布晒舞図(ぬのざらしまいず)』(埼玉・遠山記念館)などがある。[榊原 悟]
『小林忠著『日本美術絵画全集16 守景/一蝶』(1982・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の英一蝶の言及

【横谷宗珉】より

…作品は小柄(こづか),笄(こうがい),目貫(めぬき),縁頭(ふちがしら)と多岐にわたり,赤銅魚々子(ななこ)地に肉高の高彫色絵のほか,四分一地に彼の創意になる片切彫があり,図柄は虎,獅子,獅子牡丹,一輪牡丹などが多い。また画家の英一蝶(はなぶさいつちよう)と親交が深く,一蝶の下絵になる作も現存している。一門に宗与のほか,横谷英精,柳川直政,大森英昌,古川元珍らがおり,その分脈はおおいに栄え,町彫の祖として高く評価されている。…

※「英一蝶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

英一蝶の関連キーワード紀伊国屋文左衛門英一蝶(初代)江戸真砂六十帖英一蜂(初代)英一蝶(2代)村田半兵衛朝妻筑摩破笠細工福王盛勝横谷宗珉鈴木鄰松福王雪岑佐脇嵩之英一舟浅妻船朝妻船英一蜩高嵩谷民部譚海

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英一蝶の関連情報