コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池坊専好(初代) いけのぼう せんこう

1件 の用語解説(池坊専好(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池坊専好(初代) いけのぼう-せんこう

?-1621 戦国-江戸時代前期の華道家。
池坊家31代。京都頂法寺(六角堂)の僧。慶長4年京都大雲院で門人100人とともに100個の銅瓶に花をいける百瓶(ひゃっぺい)華会を開催,絶賛を博した。七つ道具(役枝)を考案し,池坊立花のあたらしい様式をうみだした。元和(げんな)7年6月24日死去。著作に「池坊専好花伝書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

池坊専好(初代)の関連キーワード一瓢庵関里(6代)一瓢庵関里(7代)久津見晴嵐真実庵一斎信松斎一朝鶴瀬長六郎春木三応美笑軒道霜美雪軒古梅水谷逸雅

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone