コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリバレス Olivares, Gaspar de Guzmán, CondeDuque de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリバレス
Olivares, Gaspar de Guzmán, CondeDuque de

[生]1587.1.16. ローマ
[没]1645.7.22. サモラ,トロ
スペインの政治家。フェリペ3世に見出され,フェリペ4世の宰相として,1621年から 22年間,スペインの政治に采配をふるった。彼の外交政策はオランダとの再度の戦争 (1621) ,オーストリア側に立つ三十年戦争 (36) ,シチリアの戦争などに参加し,多くは失敗に帰したが,国王や教会には支持されていた。内政面ではきびしい統一政策をとったが,活発な地方主義による挑戦が跡を絶たず,40年に始るカタルニャポルトガルの独立革命によって失墜した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリバレス
おりばれす
El conde-duque de Olivares, Gaspar de Guzmn
(1587―1645)

スペイン王フェリペ4世の寵臣(ちょうしん)。ローマ教皇庁付大使、シチリア副王、ナポリ副王を歴任したオリバレス伯エンリケ・デ・グスマンの三男。1月6日にローマで生まれる。1601年イタリアを離れてスペインへ向かい、サラマンカ大学で学ぶ。1604年、夭折(ようせつ)した長兄に続く次兄の死により、オリバレスの人生は聖職への道から王室へと大きく変わる。1607年父の後を継ぐとともに、国王フェリペ3世の妃マルガリータの女官と結婚して王室接近への布石を打つ。国王の寵臣レルマ公はオリバレスの権力への野望をかぎつけ横やりを入れるが、オリバレスは巧みにはねのけ、1615年、皇太子フェリペ(後のフェリペ4世、当時10歳)とフランス王故アンリ4世の娘エリザベートの結婚を機に設けられた皇太子家6名の侍従の1人となる。こののちレルマ公、ウセダ公(父子)をけ落とし、1621年フェリペ3世が崩御するや、新国王フェリペ4世より国政の全権をゆだねられた。傲慢(ごうまん)で権力欲に燃えるオリバレスは強権をもって国事をつかさどる。その結果、オランダ独立軍との間の12か年の休戦協定は更新されず、1621年戦闘再開となり(1648年終結)、イギリス王ジェームズ1世の皇太子チャールズ(後のチャールズ1世)とフェリペ4世の妹マリアの縁談は破談に終わり(1623)、対イギリス関係は悪化した。イタリアではマントバ公領の相続をめぐってフランスのリシュリューと争い(1631)、1640年にはカタルーニャ、ポルトガルで大規模な反乱が発生する。かくして、四面楚歌(そか)のなか国王の信頼も失い、1643年失脚、1645年7月22日ひっそり死んだ。[青木康征]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オリバレスの関連キーワードケベド・イ・ビリエガスジル・ブラース物語フェリペ[4世]フェリペ(4世)ベラスケスマラニョン1月6日ケベードサモラ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オリバレスの関連情報