フェリペ4世(読み)フェリペよんせい(英語表記)Felipe IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリペ4世
フェリペよんせい
Felipe IV

[生]1605.4.8. バリャドリド
[没]1665.9.17. マドリード
スペイン王 (在位 1621~65) ,フェリペ3世としてポルトガル王 (在位 21~40) 。フェリペ3世と神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の妹マルガレーテの長男。前代に続いて寵臣政治を行い,宰相オリバレスに政治をまかせ,王自身は乗馬,狩猟を楽しみ,美術,文学の保護者として趣味の生活に没頭し宮廷は奢侈に流れた。オーストリアに味方して三十年戦争に参加 (36) 。強圧的な絶対主義支配は国内カタルニャに反乱を惹起 (40) する一方,ポルトガルは再び独立した (40) 。オリバレスは責任を問われて免職となり,一時親政が行われたが,まもなくオリバレスの甥の L.アロが宰相に任命され寵臣政治が続けられた。ウェストファリアの講和 (48) ではネーデルラントの独立を正式に承認させられ,対フランス戦争の結果はピレネー条約で決定され,スペインはフェリペ4世の娘マリ・テレーズをフランス王ルイ 14世の妃とすること,アルトワ,ルーシヨンなどをフランスに割譲することとなり,いずれも不利な結果に終った。イギリス,オランダの西インド貿易への進出,国内産業の衰退などはスペインの国力を弱め,教会の支配力のみが強力であった。しかし彼の保護により,芸術方面では宮廷画家ベラスケス,その弟子ムリリョらが輩出し,スペイン大帝国繁栄の残照をとどめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フェリペ4世

生年月日:1605年4月8日
スペイン王(在位1621〜65)
1665年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェリペ4世の関連情報