コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グェルチーノ Guercino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グェルチーノ
Guercino

[生]1591.2.8. フェララ近郊チェント
[没]1666.12.22. ボローニャ
イタリアの画家。本名 Giovanni Francesco Barbieri。通称のグェルチーノは「斜視」の意。 L.カラッチ,M.カラバッジオ,V.ティツィアーノらの影響を受け,これらを融合して独自の画風を確立。 1621~23年ローマで活躍し,カジノ・ルドビージのフレスコ天井画『オーロラ』はバロック絵画の精華の一つ。晩年ボローニャに定住。 G.レニの影響を受け,42年彼の死後は構想,技法ともレニの模倣に陥り,作品は凡庸化した。ほかに『聖ペトロニラの埋葬』 (1621,ローマ,カピトリーニ美術館) ,『マルスとビーナスとアモール』 (34,モデナ,エステンセ・ギャラリー) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グェルチーノの関連キーワードボローニャ派トロア

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android