コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池永重業 いけなが しげなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池永重業 いけなが-しげなり

1849-1905 明治時代の神職。
嘉永(かえい)2年10月生まれ。儒学を横井古城に,国学を丸山作楽(さくら),矢野玄道(はるみち)にまなぶ。明治6年小倉県中津の薦(こも)神社祠官となり,のち宇佐神宮主典をかねる。30年全国の神職委員総代として神社局の設置運動をすすめた。明治38年8月18日死去。57歳。豊前(ぶぜん)下毛郡(大分県)出身。通称は静馬(しずま)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池永重業の関連キーワード日露戦争史(年表)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)クールベリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)ビッテスロバキア文学戒厳光の科学史

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android