コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田孤村 いけだ こそん

3件 の用語解説(池田孤村の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

池田孤村

江戸後期の画家。越後生。名は三信・三振、別号を旧松軒・画戦軒、字は周二。酒井抱一に傾倒、同門の鈴木其一と双璧といわれた。慶応2年(1688)歿、66才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田孤村 いけだ-こそん

1801-1866 江戸時代後期の画家。
享和元年生まれ。江戸で酒井抱一(ほういつ)に光琳(こうりん)様式をまなぶ。また中国の明画(みんが)様式も導入した。慶応2年2月13日死去。66歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は三信。字(あざな)は周二。別号に旧松軒,画戦軒。作品に「檜図(ひのきず)屏風(びょうぶ)」。編著に「光琳新撰百図」「池田孤村画帖」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池田孤村

没年:慶応2.2.13(1866.3.29)
生年:享和1(1801)
江戸後期の画家。名は三信,字は周二,号は蓮菴,煉心窟,旧松道人など。越後(新潟県)に生まれ,若いころに江戸に出て酒井抱一の弟子となる。画風は琳派にとどまらず広範なものを学んで変化に富む。元治1(1864)年に抱一の『光琳百図』にならって『光琳新撰百図』を,慶応1(1865)年に抱一を顕彰した『抱一上人真蹟鏡』を刊行する。琳派の伝統をやや繊弱に受け継いだマンネリ化した作品もあるが,代表作「檜林図屏風」(バークコレクション)には近代日本画を予告する新鮮な内容がみられる。<参考文献>村重寧・小林忠編『琳派』

(仲町啓子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田孤村の関連キーワード高橋波藍成瀬正胤渡辺秀詮松田蘆山伊星双缶斎藤抱山木下月洲岸田青城

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone