コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田慶徳 いけだ よしのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田慶徳 いけだ-よしのり

1837-1877 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)8年7月13日生まれ。水戸藩主徳川斉昭(なりあき)の5男。徳川慶喜(よしのぶ)の異母兄。池田慶栄(よしたか)の跡をつぎ,嘉永(かえい)3年因幡(いなば)鳥取藩主池田(松平)家12代となる。田村貞彦らを登用し,安政の藩政改革を推進。藩内の尊攘(そんじょう)派と守旧派の対立をしずめ,幕府に恭順して大政奉還論をとなえたが,戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に属した。明治10年8月2日死去。41歳。初名は昭徳。号は省山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

池田慶徳

没年:明治10.8.2(1877)
生年:天保8.7.13(1837.8.13)
幕末の鳥取藩主。父は水戸藩主徳川斉昭,母は松波春子。江戸幕府第15代将軍徳川慶喜は弟。幼名は五郎麿,雅号は竹の舎,省山。嘉永3(1850)年池田慶栄の死後,幕命によりあとを嗣ぐ。安政年間(1854~60),側用人田村貞彦らを中心に人材を登用し,藩校尚徳館の拡張,農政,軍制など多方面にわたる藩政改革を推進した。しかし,藩内の尊攘派と保守派の軋轢に苦心した。攘夷論に賛成はしたが,攘夷親征には猶予を奏請している。第1次長州征討には出兵したものの,それ以後長州を弁護しつつ,幕府に恭順の態度を示し大政奉還論を唱えた。朝幕間の板挟みとなったが,戊辰戦争では朝廷側に立つ。明治5(1872)年隠居した。<参考文献>『鳥取県史3 近世政治』

(長井純市)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いけだよしのり【池田慶徳】

1837‐77(天保8‐明治10)
鳥取藩最後の藩主。幼名五郎麿のち昭徳,慶徳,号は省山。水戸藩主徳川斉昭の五男。江戸本邸で出生。1850年(嘉永3)幕命により鳥取池田家の養子となり,ついで藩主。従四位上侍従,相模守とされる。安政期藩政改革を実施した尊攘派と,その手直しを行う守旧派との対立の調停に苦しみ,将軍徳川慶喜を異母弟とする事情もあり,大政奉還論を唱えるなど動揺した。鳥取藩知事。【山中 寿夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の池田慶徳の言及

【華族】より

…1876年開館)は,華族組織化の第一歩であった。76年,華族は6部に分けられ,正副督部長および部長がおかれ,督部長に岩倉,副督部長に池田慶徳がなった。同年,華族は宮内省所管となり,〈華族類別録〉が編製され,78年完成,刊行された。…

※「池田慶徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

池田慶徳の関連キーワード加藤十次郎蜂須賀茂韶黒部権之介荒尾清心斎飯田年平池田茂政松田道之和田信旦臼井治堅鶴田藩

池田慶徳の関連情報