コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汲冢周書 きゅうちょうしゅうしょJi-zhong-zhou-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汲冢周書
きゅうちょうしゅうしょ
Ji-zhong-zhou-shu

中国の古書の一つ。3世紀後半,晋の汲郡 (河南省) の不準が戦国時代の魏の襄王あるいは安釐 (あんき) 王と伝えられる古い冢 (ちょう。墓) を掘って発見したという周代の竹簡の書。逸周書 (いっしゅうしょ) ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうちょうしゅうしょ【汲冢周書 Jí zhŏng zhōu shū】

中国,周代の諸王の征討に関する言行を記した書。晋の太康年間(280‐289)に汲郡(河南省)の古い冢から出土したのでこの名がある。しかし《周書》は汲冢から出土したものの中に含まれていなかったとの説もある。周代の記録で,孔子が《書経》を編集するとき逸漏した部分といわれ,《逸周書》ともいう。もと71編あったというが現行本は60編である。【日原 利国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

汲冢周書の関連キーワード穆天子伝汲冢書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android