汲冢周書(読み)きゅうちょうしゅうしょ(英語表記)Ji-zhong-zhou-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汲冢周書
きゅうちょうしゅうしょ
Ji-zhong-zhou-shu

中国の古書の一つ。3世紀後半,晋の汲郡 (河南省) の不準が戦国時代の魏の襄王あるいは安釐 (あんき) 王と伝えられる古い冢 (ちょう。墓) を掘って発見したという周代の竹簡の書。逸周書 (いっしゅうしょ) ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうちょうしゅうしょ【汲冢周書 Jí zhŏng zhōu shū】

中国,周代の諸王の征討に関する言行を記した書。晋の太康年間(280‐289)に汲郡(河南省)の古い冢から出土したのでこの名がある。しかし《周書》は汲冢から出土したものの中に含まれていなかったとの説もある。周代の記録で,孔子が《書経》を編集するとき逸漏した部分といわれ,《逸周書》ともいう。もと71編あったというが現行本は60編である。【日原 利国

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android