コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穆天子伝 ぼくてんしでん Mu-tian-zi zhuan

3件 の用語解説(穆天子伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穆天子伝
ぼくてんしでん
Mu-tian-zi zhuan

中国最古の歴史小説。6巻。著者,成立年未詳。戦国時代の魏の頃の作と考えられる。西晋の太康2 (281) 年,汲郡 (河南省) にある古墳から発掘された古文書,いわゆる汲冢 (きゅうちょう) 周書の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくてんしでん【穆天子伝 Mù tiān zǐ zhuàn】

中国,西周の穆王の事跡を日月を追って記録したもので,汲冢(きゆうちよう)書の一つ。晋の荀勗(じゆんきよく)らが整理を加え,郭璞(かくはく)が注を付けた。6巻。その中心は穆王の西域への旅行の記述で,八駿(はちしゆん)に車を引かせ,多くの従者をつれて,遠い西方の国々を経めぐる。特に瑶池(ようち)において西王母(せいおうぼ)と宴する場面は印象的で,後世の詩文の中でもしばしば言及される。巻末には寵姫の盛姫の盛大な葬儀の記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穆天子伝
ぼくてんしでん

中国最古の歴史小説とされる。魏(ぎ)のころの作品で作者不明。発見されたのは晋(しん)の大康(たいこう)2年(281)で、有名な「汲冢周書(きゅうちょうしゅうしょ)」(河南省汲県の魏の国王の墓から発掘された古文書)の一つ。竹簡(ちくかん)(文字を書くのに使った細長い竹の札(ふだ))に書かれ、篆書(てんしょ)より古い文字で書かれていたが、荀勗(じゅんきょく)らが今体(きんたい)文字に転写し、題名もつけた。完本でなく首尾も欠ける。主人公は周の穆王(ぼくおう)で、黄河の源(天山の東端パルクだという)へ旅し、黄河の河神の案内で、天帝の娘の西王母(せいおうぼ)と会い詩歌を贈答し、次に南へ行き、盛姫(せいき)という美人と結婚し、盛姫が死んで豪壮な葬儀をする話などが年代を追って書かれているが、すべて架空の物語である。[志村良治]
『魯迅著、増田渉訳『中国小説史』全二冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穆天子伝の関連キーワード幽王跡を追う年表褒姒本紀跡を踏む追って書日月の旗日を追って

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone