コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沃化カリウム澱粉紙 ヨウカカリウムデンプンシ

デジタル大辞泉の解説

ようかカリウム‐でんぷんし〔エウクワ‐〕【沃化カリウム×澱粉紙】

沃化カリウムでんぷんとの水溶液濾紙(ろし)を浸して乾燥させたもの。酸化剤との接触で青色になるため、微量の酸化性物質の検出に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようかカリウムでんぷんし【沃化カリウム澱粉紙】

ヨウ化カリウムとデンプンの水溶液を濾紙ろしにしみ込ませて乾燥した試験紙。酸化剤と反応すると、ヨウ素が生成し、ヨウ素デンプン反応のために青色になる。鋭敏な反応であるため、微量な塩素・オゾン・過酸化水素などの検出に用いる。ヨードデンプン紙。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

沃化カリウム澱粉紙の関連キーワードヨウ素デンプン反応ヨウ化カリウム過酸化水素オゾン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android