コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈村里遺跡 ちんそんりいせきSimch‘onni‐yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

ちんそんりいせき【沈村里遺跡 Simch‘onni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道黄州郡沈村里にある無文土器(青銅器)時代の墳墓遺跡。遺跡は黄州と沙里院の間にある正方山の北西側の丘陵地から平野にわたって立地し,数基から数十基の支石墓群が集中的に分布することが知られていたが,1958,59年に学術調査が実施され,4基の竪穴式住居跡と29基の支石墓群が発掘された。そのうち,沈村中学校東側の平地で調査された竪穴式住居跡は3基で,いずれも平面が長方形である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の沈村里遺跡の言及

【積石塚】より

… 朝鮮では,無文土器(青銅器)時代にすでに認められる。すなわち,北部の黄海北道沈村里遺跡や,南部の大邱直轄市大鳳洞遺跡でみられるように,支石墓,箱式石棺,竪穴式石室などの埋葬施設を補強するために,その周囲に積石を行い,しかも,それらが数基密集して築かれた結果,一定の墓域を形成するような例がある。しかし本格的な積石塚は,《三国志》魏書高句麗伝に〈積石為封〉とあるように,三国時代高句麗の前・中期に特徴的な墓制として有名である。…

※「沈村里遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沈村里遺跡の関連キーワード朝鮮民主主義人民共和国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android