コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈殿銅 ちんでんどう

百科事典マイペディアの解説

沈殿銅【ちんでんどう】

硫酸銅水溶液など,銅イオンの存在する溶液中に鉄を入れると,鉄が溶解し銅が析出する。この原理を利用,銅鉱山の坑内水や,採掘跡の貧鉱に散水して銅分を溶出した水などを,樋(とい),タンクに導き,鉄くずを投入して得られる銅。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんでんどう【沈殿銅 cement copper】

銅イオンを含む水溶液の中から,他の金属によって還元され沈殿した金属銅。銅鉱山などにおいては,クジャク石,ラン銅鉱などの酸に溶けやすい銅鉱物の存在や,長年月にわたる鉱石の化学的酸化あるいはバクテリアの作用による酸化の結果,鉱水中に銅が銅イオンCu2+として溶け出し,その濃度は数十ppm以上に達する場合がある。このような場合には,鉱水から沈殿銅として銅を回収することができる。置換のための金属源としては,屑鉄アルミニウムの空缶,海綿鉄などが用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

沈殿銅の関連キーワード採鉱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android