コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄美ら海水族館 オキナワチュラウミスイゾクカン

デジタル大辞泉の解説

おきなわ‐ちゅらうみすいぞくかん〔おきなはちゅらうみスイゾククワン〕【沖縄美ら海水族館】

沖縄県国頭(くにがみ)郡本部(もとぶ)町の、海洋博公園内にある水族館。平成14年(2002)開館。水槽「黒潮の海」は世界最大級。サンゴ深海魚の展示もある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館

沖縄県国頭郡本部町にある水族館。2002年11月オープン。国営沖縄記念公園の海洋博覧会地区(通称海洋博公園)内にある。世界でも最大級の水族館で、約750種もの海の生物を飼育・展示する、沖縄本島有数の観光地。大水槽を泳ぐジンベエザメが人気。イルカのショーも開催する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

沖縄美ら海水族館の関連キーワード沖縄県国頭郡本部町石川沖縄県国頭郡本部町沖縄記念公園山城進之介

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖縄美ら海水族館の関連情報