コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田宗沢斎 さわだ・そうたくさい

朝日日本歴史人物事典の解説

沢田宗沢斎

没年:大正4(1915)
生年:天保1(1830)
幕末明治期の蒔絵師。本名は次作,のちに宗次と改め宗沢,宗沢斎と号した。幼少のころより蒔絵を梅田三五郎に学び,椎原系の加賀蒔絵の伝統を生かした独自の作風を完成した。加賀蒔絵を正しく受け継いだ精巧な作風で知られ,金沢における明治の代表的蒔絵師である。明治33(1890)年第3回内国勧業博・妙技2等,第4回内国勧業博・妙技3等,第5回内国勧業博・褒状,大正3(1914)年東京大正博・銀牌。長男良太郎が2代目宗沢を継いだ。<参考文献>『近代日本の漆工芸

(内田篤呉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

沢田宗沢斎の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球[各個指定]芸能部門グリフィスデミル(Cecil Blount De Mille)三木露風日本の医学史(年表)

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android