コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合乙州 かわい おとくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合乙州 かわい-おとくに

1657-1720 江戸時代前期-中期の俳人。
明暦3年生まれ。河合智月の弟。近江(おうみ)(滋賀県)の人。江左尚白門人だったが,金沢滞在中の松尾芭蕉(ばしょう)とであって入門。「猿蓑(さるみの)」などに入集している。芭蕉の信頼あつく,元禄(げんろく)7年(1694)大坂で師の死をみとり,宝永6年芭蕉の遺稿「笈(おい)の小文(こぶみ)」を刊行した。享保(きょうほう)5年1月3日死去。64歳。通称は又七,次郎助。別号に〓(“木へん”に「代」)々庵,設楽堂。姓は川井ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわいおとくに【河合乙州】

江戸前・中期の俳人。姓は川井とも。大津の伝馬役。母の智月、妻の荷月とともに芭蕉門。芭蕉の遺稿「笈の小文」を刊行して知られる。生没年未詳。著「それぞれ草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

河合乙州の関連キーワード笈の小文乙州

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android