コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合 良成 カワイ ヨシナリ

20世紀日本人名事典の解説

河合 良成
カワイ ヨシナリ

大正・昭和期の実業家,政治家 元・小松製作所社長;元・衆院議員;元・厚相。



生年
明治19(1886)年5月10日

没年
昭和45(1970)年5月14日

出生地
富山県福光町

学歴〔年〕
東京帝大法科大学政治学科〔明治44年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲二等旭日重光章〔昭和39年〕

経歴
農商務省に入ったが、大正7年の米騒動を機に退官。東京株式取引所(現・東証)常務理事、日華生命保険(第百生命保険)常務などを経て、帝国人絹取締役。昭和9年“帝人疑獄事件”に連座して検挙されるが、12年無罪となる。その後、満州国総務庁、企画院委員、17年東京市助役、19年運輸省船舶局長を歴任。戦後は20年農林事務次官、21年第1次吉田内閣の厚相になったが、22年公職追放。実業界に入り、同年小松製作所社長に就任、再建に取り組む。26年追放解除となり、27年衆院議員に当選。39年小松製作所会長となり、日経連・経団連の各常務理事としても活躍した。この間、39、41年に訪中、また37、42年に訪ソし、日中・日ソ経済交流の橋渡し役を務めた。著書に「取引所講話」「帝人心境録」「私の人生遍路」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

河合 良成
カワイ ヨシナリ


肩書
元・衆院議員,元・厚相,元・小松製作所社長

生年月日
明治19年5月10日

出生地
富山県福光町

学歴
東京帝大法科大学政治学科〔明治44年〕卒

経歴
農商務省に入ったが、大正7年の米騒動を機に退官。東京株式取引所(現・東証)常務理事、日華生命保険(第百生命保険)常務などを経て、帝国人絹取締役。昭和9年“帝人疑獄事件”に連座して検挙されるが、12年無罪となる。その後、満州国総務庁、企画院委員、17年東京市助役、19年運輸省船舶局長を歴任。戦後は20年農林事務次官、21年第1次吉田内閣の厚相になったが、22年公職追放。実業界に入り、同年小松製作所社長に就任、再建に取り組む。26年追放解除となり、27年衆院議員に当選。39年小松製作所会長となり、日経連・経団連の各常務理事としても活躍した。この間、39、41年に訪中、また37、42年に訪ソし、日中・日ソ経済交流の橋渡し役をつとめた。著書に「取引所講話」「帝人心境録」「私の人生遍路」などがある。

受賞
勲二等旭日重光章〔昭和39年〕

没年月日
昭和45年5月14日

家族
長男=河合 良一(小松製作所社長) 二男=河合 二良(小松化成社長) 三男=河合 三良(国際開発センター会長) 四男=河合 良之(日鉄商事専務)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

367日誕生日大事典の解説

河合 良成 (かわい よしなり)

生年月日:1886年5月10日
大正時代;昭和時代の実業家;政治家。小松製作所社長;衆院議員;厚生大臣
1970年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

河合 良成の関連キーワード日本国憲法帝人事件昭和時代河合良成河合良一番町会民主党

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河合 良成の関連情報